メニュー

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)は、お腹の痛みや調子が悪く、それと関連して便秘や下痢などの便の異常が数ヶ月以上続く状態の時に最も考えられる病気です。

もちろん炎症性腸疾患や大腸癌などの病気がないことが前提です。

治療

治療には、薬物治療や、食事や生活習慣の改善、プロバイオティクスなど様々なアプローチが考えられます。ストレスや生活の乱れによって起こることが多くありますので、生活習慣の改善指導もおこないます。

まずは気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME