メニュー

カロリー計算例

1日に摂るカロリー量は、標準体重を基準として生活の中の動きの量に見合ったエネルギーを摂るようにします。標準体重は身長(m)×身長(m)×22で算出します。

1日の適正なエネルギー量(kcal)=標準体重(kg)×身体活動量

身体活動量

  • 軽労作(デスクワークが多い職業など):25~30(kcal/kg標準体重)
  • 普通の労作(立ち仕事が多い職業など):30~35(kcal/kg標準体重)
  • 重い労作(力仕事が多い職業など):35~(kcal/kg標準体重)

例えば、身長160センチメートルで1日の歩行時間1-2時間以内のデスクワークが多い人の場合

  • 標準体重:1.6(m)×1.6(m)×22=56.3(kg)
  • 身体活動量:軽労作となるため、身体活動量は、25~30(kcal/kg標準体重)
  • 1日の食事で摂取した方がよい適切なエネルギー量:56.3(kg)×25~30(kcal/kg標準体重)=1,400~1,700(kcal)

と、計算できます。

 

主食カロリーの目安

ご飯茶碗に軽く1杯 100g 約160kcal

ご飯茶碗に普通盛り1杯 150g 約250kcal

ご飯茶碗に多めの1杯 180g 約290kcal

 

~昼食は忙しい仕事の合間に弁当や外食で済ませるのが現実の方へ~

昼食・夕食など高カロリーになりがちな献立おおよそのカロリーを意識しましょう。そこから足し算、引き算して1日に食べる量を調整できるといいですね。

例えば、某牛丼チェーン店 牛丼並盛り 733kcal、カレーチェーン店 ポークカレー 755kcal、某お弁当屋さん ロースカツ丼 855kcalのり弁当 779kcal、餃子のチェーン店 餃子定食 770kcal

(あくまでも目安です。店舗や量によって異なります)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME